疲労回復・滋養強壮

ローヤルゼリーはいつからあるの?

その高い健康促進効果や更年期障害やストレスに起因する様々な体調不良に効果があるということで多くの人から親しまれ愛飲されているローヤルゼリーですが人間とローヤルゼリーの歴史はいつから存在するのでしょうか?

この歴史を紐解いてみると、ある研究では古くは紀元前の6000年あたりのスペインにあるとされている洞窟内において、蜂蜜の入った壺をかかえた人物と、その近くを飛んでいる蜂が描かれた壁画が見つかったということが起源といわれています。
その後、ローヤルゼリーとして明確な検証がなされるようになったのは、約2500年弱ほども前の時代に存在した、哲学者として有名なアリストテレスが書いた本の中にでてきたことが発端となり、さらなる研究が進められました。

その本の内容はというと、「動物誌」という書物の中に書いてあった部分になるそうですが今のローヤルゼリーのことを言っているであろう表現が書かれてあり、研究者はおそらくこれがローヤルゼリーの始まりではないかという見解を示しているようです。

ちなみに、まだこのアリストテレスの時代には正式にローヤルゼリーという呼び名はなく、ローヤルゼリーとして正式に認識され始めたのは、スイスの蜜蜂研究家によって約200年前に「ゼレーロワイヤル」と発表されたことがローヤルゼリーのネーミングの歴史といわれています。

このページの先頭へ